悲しくて憂鬱なときに聴きたい曲〜6選

 
年々と時が過ぎ、駆け巡るような上がり下がりが。色々と辛いときもあったと思いますし、これからも身が細るような苦しいこともあるでしょう。
 
わびしい時は励ますような楽しい曲を聴くより、悲しくせつない曲の方が心を癒してくれるものです。
恋人に振られてかなしい。ただただ孤独で、ゆううつな感情をまぎらわしたい。傷心に浸りたい。そんなときに聴いてほしい曲たち。
 
是非、歌詞も一緒に聴いてもらえると嬉しいです。
 
 
1.How Deep Is Your Love
 


ビージーズが映画「サタデーナイトフィーバー」の劇中歌としてリリースした曲。辛くなった時に何度も見る。流れるようなメロディの中に、理解されない慈愛の深さが表されてます。映画を見るとなお感慨深くなる曲でしょう。
 
 
2.Clocks
 

 

Coldplayの中でも抽象度が高い曲。人生における苦しみを拾いあげるような歌詞です。救えないからこそ帰りたいという回帰がとても切ない。

 
 
3.Close to you
 



原曲はCarpentersの(遥かなる影)です。宇多田ヒカルのCubic U 時代にカバーされた秀逸なアレンジです。傍に寄り添うようにあなたの影になりたいという気持ちが歌詞とメロディに込められてます。
 

4.誰か、海を。
 



アニメ「残響のテロル」ED。Aimerの揺れるような独特の声と、菅野ようこ作曲のメロディがうまくかみ合ってます。前半の沈むようなリリックからサビの悲痛のような叫びが胸をしめつけます。(アップロード動画のため、キーが若干高くなってます。ご了承を)

 
 

5.失われた世界-Memories of a Lost World-

 



DQ7のフィールドで流れる曲。主人公たちが失われし世界を旅して取り戻すお話です。とくに『kgakira』さんのピアノアレンジが心に響き、まるで世界を冒険しているかのような気分に。

 


6.We are all alone


ボズ・スキャッグスの代表曲のひとつ。詩的な歌詞、力強い歌声とメロディに心打たれます。“We are all alone”というのは「わたしたち二人きり」、「わたしたちは皆ひとり」とも訳せます。困難を乗り越え励んでいこう。そう思わせてくれます。

 

 

その日の気分で選んだ曲も沢山あるので是非聞いてください↓

from:kamabokolog 本日の一曲